人工知能は矯正歯科の分野での発展について

矯正人工知能の発展はこの流れになるだろう:1デジタル化→2ビッグデータ→3人工知能

1、デジタル化

口腔矯正方案の策定は必ず面接を必要とする、つまり患者が医者の前にいて、医者は動的に患者の顔を観察することができ、患者の唇歯関係、微笑み弧度、笑い線、歯肉暴露量、咬合関係、顔面輪郭などを観察し、そして総合的に分析して、やっと1つの良い方案を設計することができる。だから矯正医があなたの歯の石膏模型を見るだけで治療案を策定できると言ったら、このような先生を敬遠したほうがよいでしょう。

視診後に心の中に大体治療の方向があって、それから“資料を取る”操作を行うことは、X片を撮って、模型を取り、面像と合像を取って、精密測量分析を行って、最終的に1つの完備な矯正方案を出す。現在のいかなる資料は、X線でも写真でも、患者の面会による医師の視診を代替することはできない。
これらの資料は患者の情報を一端に過ぎない。

いつ患者の情報が全面的に保存され,閲覧が容易になるかは,大きな飛躍と進歩である。デジタル化の口内スキャンは現在発展の1つのマイルストーンである。口内スキャナは口内の3次元画像を直接スキャンして記録することができ,医師が直接ドラッグして見ることができ,従来の石膏モデルに代わることができる。下記をご参考に

CTの画像データや3 Dカメラの顔データを組み合わせて患者の顔の硬組織や軟部組織を示すソフトも増えている。唯一の残念なことは,すべてのデータが静的であり,患者の言語動作表情を動的に持つデータではないことである。顔、歯、骨をすべてデジタル化することは、口腔領域の大きな発展でしょう。

2、ビッグデータ

口内スキャン、面部スキャン、CTの様々なデータがあれば、大量のデジタルデータを収集し、データベースを構築することができる。個々の患者の治療前,治療後のデータ,治療法,治療コースなどすべてをこのデータベースに入れておけば,このデータベースは非常に多彩である。統計を見ると、どのような方法で患者がどのように変化するのかを知ることができる。異議のある操作はエミュレーションして、どうなるか、ビッグデータはすべて私達に解答を与えることができる。アメリカのAlign Tech社が開発した矯正技術は、全世界の800万患者のデジタル化イメージデータを持つため、ビッグデータを構築した。
現在、患者の口のデータをスキャンすれば、コンピュータはデータベースから類似の例を探すことができて、矯正方案を提供することができます。もちろん現時点では,この矯正案を最終的な矯正案とすることはできず,技師の調整や医師のレビューを経なければならない。しかし、即座に口をスキャンして、即座に“案”を出すことができるのは、かなり大きな躍進であり、この矯正プログラムは可視化されており、歯がどのように動いているかを見ることができている。

3、人工知能

ビッグデータがあれば、次のステップは人工知能がデータの分析や学習の試行錯誤を始める必要がある。多くの人がロボットが何ができるかを説明しているけど、それはロボットがプログラムに沿って実行しているので、本当の人工知能ではない。
人工知能は,試行錯誤を繰り返すことで戦略を修正し,最終的には自分で何らかの意思決定をすることができるに違いない。背景には,摘出可能な部分義歯(取り外す可能な義歯)の設計が困難であり,患者の装着が快適的に,力学的性能が合理的に,患者の残存歯の保護にも有利である案を作れる医師もいる。しかし,医師の経験不足の場合は設計が悪く,義歯を装着した後に余剰歯を動揺させる恐れがある。そのため、義歯設計の人工知能ソフトウェアを開発することは全国の第一線の医師と患者に利益を与えることができる。矯正設計案も類似しており、決して容易ではない、すべて矯正医師自身の能力レベルに基づいている。大半のベテラン矯正医師は大都市に居て、地方に優秀な矯正医師が不足している。もし人工知能がビッグデータの分析と設計を通じて矯正設計方法を作ることができるならば、絶対に矯正領域の巨大な突破である。

著作者「Zl Hao郝泽良」ZHIHU,公開日時 2020年4月16 (最終閲覧日:2020年4月18日)

https://www.zhihu.com/question/376743478/answer/1158275620

Leave a Comment

%d bloggers like this: