顔パス測温端末 ― 万全なコロナ対策は玄関先から

顔パス測温端末とは何か、多くの人がこの名前を見て、イメージできるかと思います。

感染拡大が懸念される新型コロナウイルス感染症について、『体温測定(検温)』を感染防止対策として、最大限取り組んで行く真最中です。ですので、これから顔パス+測温の2-in-1端末(以下「一体化端末」と称する)はキャンパス、コミュニティ、企業オフィス、オフィスビル、政務及び公共サービス場所などの入場者体温測量や発熱者が入室禁止などアクセス制御など行う必要があると思われます。
ハンドヘルド式の赤外線温度測定器より、「一体化端末」は省人化/無人化で、遠距離、非接触と迅速な体温測定などの利点を持っており、体温の高すぎる警報などの機能を搭載されております。疫病の予防制御の必要な背景の下で派生した1つの顔認識温度測定器であります。

D.Realが顔認識+熱画像測温技術に基づいての「一体化端末」をリリースします。では、「一体化端末」はどのような場面に応用できるのか、ご存知でしょうか?

(1)幼稚園/学校の開校に応用し、教師と生徒の安全保障のために護衛する

幼稚園、小中学校が開校を控えており、学校の生徒の健康安全をどう保障するかが復学の最重要になっているのではないでしょうか。

これに対して、D.Realは今回の疫病に対応するために「一体化端末」を発売し、この製品はキャンパスの入り口で生徒もしくは園児、教職員など顔認証しながら、同時に体温測定することもでき、管理台帳を自動生成されます。(顔認証をOFFにして、測温台帳だけ生成する運用も可能です。)

「一体化端末」は最も優れたところはすごいところは、

非接触式の正確な体温測定+顔認証/ICカード認証などの機能を持っており、既存管理システムにドッキングして配備することができます。入室者体温のスクリーニングにとどまることなく、体温勤怠記録、データ統計分析及び報告書(導出可能)を自動生成し、保護者、教師、学校管理者に学生の在学状況及び学生の健康状況を非常に簡単に知ることができます。

(2)「一体化端末」は企業の検温対策を風化させない、社員の健康を守る最後の砦である

現在、疫病はこれ以上に拡大されないように、いろいろな対策を打ち出されています。多くの企業は業務を継続しながら、社内感染ももちろん、国際疫病が爆発の傾向にあるため、海外輸入のリスクも直面しなければなりません。

D.Realの「一体化端末」には、赤外線遠距離測温技術+AI顔認識技術を採用し、人体温度検出、温度表示、リアルタイム音声放送、体温勤怠記録の自動生成を支持し、0.5メートル遠距離体温の検査・測定、検出精度は0.5度より小さく、秒級の検出速度をサポートし、温度測定データの追跡もサポートします。マスクを装着した場合も測定可能です。

その他,コミュニティ、政務、公共サービスの場など、様々な体温測定の運用場面もありますが、割愛いたします。

これ以上に、コロナウイルス対策を取るため、人力を消耗することなく、AI「一体化端末」で、省人化/無人化の自動検温端末を一度試してみませんか?

 

1 thought on “顔パス測温端末 ― 万全なコロナ対策は玄関先から”

Leave a Comment

%d bloggers like this: