Smart-Sights – スマートビデオ分析システムの簡単説明

スマートビデオ分析技術分野は人工知能におけるパターン認識であります。

AIアルゴリズムをDSP(Digital Signal Processing)に埋め込むことを通じて、人員と車両など物体目標の各種の行為モードを分析と訓練することを通じて、核心アルゴリズムを形成します。応用中で、ディープラーニング較を通じて、採集したビデオ画像がどのような物体に属し、どのような行為に属しているかを識別し、目標のフレーム周長と行動軌跡にラベルをつけ、警告とリアルタイム警報を行い、そしてネットを通じてユーザーに通知します。

AI画像分析技術は監視技術の第三の発展段階“機械の目+機械の脳”の中の“機械の脳”部分であり、コンピューターを利用して、人工知能がでビデオ画面に対する監視判断を行い、データ分析を行い、特徴形成アルゴリズムを抽出してモジュール化します。人工知能が形成してビデオ画面に対して自動検出分析を行い、そして警報あるいはその他の動作を行います。それはコンピュータの強力なデータ処理能力によってビデオ画面の不要なあるいは妨害情報をフィルタリングし、自動分析、ビデオ源の中の肝心な有用な情報を抽出することによって、カメラを人の目にするだけでなく、コンピュータを”頭脳”になります。

知能ビデオ監視技術はその最前線の応用の1つであり、ビデオ監視システムが全面的にデジタル化、知能化、多元化に向かう必然的な発展傾向と思われます。

スマートビデオ分析技術は最初は純ソフトウェア形式で現れましたが、人工知能技術の進展によって、進化し続けています。Smart-Sights「スマート解析サーバ」を例にとると,現在では、フロントデバイスのカメラとバックエンドの解析用GPUサーバーがあります。さらに、新しいシステムも研究開発しております。新システムでは、ビデオ分析AI機能を軽量化にして直接カメラ内に埋め込み、バックエンドのサーバー機能はフロントカメラの管理に単純化することによって、システムは、より安くなり、より導入しやすくなります。最大のメリットは、フロントに置かれたビデオ分析はビデオ伝送の回線品質とデータ転送遅延の影響を受けにくい、解析効果はより安定し、より早いです。

製品詳細は「Smart-Sights」をご参照ください。

Leave a Comment

%d bloggers like this: