エッジコンピューティングにおけるAIoTトレンドに対する思考

現在、IoT設備はますます賢くなって、組織と人々の仕事と生活方式に深い影響を与えている。

しかし、絶えず発展し、成熟しつつある人工知能(AI)技術は、エッジコンピューティングを新しいレベルに持ってきており、すなわちデータ発生地点でリアルタイムに分析を行い、データ洞察を提供することができる。

IoTがビジネスと技術戦略の実施の前線と中心になりつつあり、エッジコンピューティングデバイスとシステムを通じてデータフロー分析を行うことができ、これはインターネット活動とイベントの可視性と感知能力が著しく向上していることを表している。

IoTはすでに高いサービスレベルの企業に新しい機会を提供している。IoT強みは、エッジデバイスからコア分析システムへのデータフローによって実現されており、エッジデバイスの知能化に伴ってますます良くなっている。

人工知能は底力は巨大だ。米国の著名な市場研究会社Tracticaは、2025年までに人工知能エッジデバイスの生産量を、2018年の1.614億台から世界26億台/年に増加させると予測している。人工知能をサポートするトップエッジデバイスには、携帯電話、スマートスピーカー、PC/タブレット、ヘッドマウントディスプレイ、自動車センサー、ドローン、消費者と企業ロボット、そして「セキュリティカメラ」が含まれる。

また、ヘルスケア、建物または施設センサー、そして施設周辺や街全体の周りのセンサネットワークにも、より多くの人工知能が統合されると予定される。

技術やエネルギーの制限から人工知能が存在するクラウドにすべてデータストリームを送ることはできない。また自動運転中にリアルタイムで人や車両を検知する必要があるようなデータ生成時に即座に認識され処理されるような応用シーンもある。これらの場合、発生したデータがクラウド処理に戻ると時間が遅れてしまい、ユーザビリティを低下させるや損害の甚大な結果をもたらす可能性がある。

1つの潜在領域は,カメラをベースとした機器視覚とデータ可視化である。
たとえば,カメラを配送施設に置いて,トラック,トラックによって搬送される荷物をリアルタイムで監視および管理することができる。価格が安く、容量が絶えず向上するハードウェアと知能ソフトウェアの結合に従って、多くの企業はこれに基づいた効率的な運営方案を探求し、優良なサービスで絶えず顧客満足度を高めることを目指している。

そのため、人工知能はエッジでの意思決定の優勢を強化することで:

1、現在配備されている典型的な集中的なIoTモデルと比較して、エッジベースの人工知能は高い処理能力を有し、リアルタイム処理を実現することができ、データ洞察は同一のハードウェアまたはデバイスで即座に分析され処理されることが可能になる。

2、エッジに基づく人工知能はより高い安全性を提供する:インターネット接続されたデバイスを介してデータを往復送信する過程は、データの改ざんや暴露のリスクを増大させる。発生したデータは処理され結果だけ送信することで上記に言及したリスクを最大限に低減することができる。

3、エッジに基づく人工知能は高い柔軟度を持っている:知能設備は特定の業界や特定の場所から発生する要求をサポートすることができ、これは建物管理から医療監視などの業界を含む。

4、エッジベースの人工知能は,高度な人材管理なしに「賢い」:エッジデバイスは独立しているため,人工知能化後にデータ科学者や人工知能開発者が実行する必要はなくなった。必要なデータ洞察力は,必要な場所で自動的に提供されるか,高度にグラフィカルなインタフェースやダッシュボードによって現場で視覚化されて提示される。

5、エッジに基づく人工知能は卓越した顧客体験を提供することができる:人工知能は位置感知サービスを通じて応答を与え、あるいは遅延が発生した時に経路計画を再配置し、会社がブランド信頼を創立し、顧客と打ち解け関係を確立することを助ける。

デジタル経済の発展と共に、IoTのエッジコンピューティング傾向と必然になる。人工知能とIoTの強力な結合は企業と組織の本当の感知能力と応答能力を高めるのをチャンスに新しい将来性を開く。

Leave a Comment

%d bloggers like this: