AIoTにおけるAIカメラに対する思考

ビッグデータは、IoTやクラウドの発達で容易に収集できるようになり、AIの発達によって分析・活用されつつある。IoTがなければ、分析や活用に足るデータを収集するのは難しかったでしょう。AI技術はカメラ観察能力をより鋭敏にできる。新世代のカメラ監視システムが形成されつつあり、カメラデータは指数関数的に増加する態勢を呈していると考えられる。都市規模の安全対策ビッグデータは大量のデータの収集転送及び貯蔵圧力に直面しているだけでなく、分析、フィードバック環節のリアルタイム性と精度も多くの影響を受けている。AIoTのエッジ計算の助けを加えることで、フロントエンドカメラによるビデオデータの構造化処理を実現していると考えられる。機械視覚技術の発展に基づいて、先端カメラにより機敏な観察能力を与えることができ、例えば現在の知能化端末に基づく顔認識、ナンバープレート識別、姿勢認識、3D構造光技術などは、すべて現在の防犯業界に新しい活力を注入した。

5G+AIoTはUltra HDの加速を促進し、ハイビジョンカメラより大きな価値向上をもたらす。まず、Ultra HDはより大きな情報量を含み、より速い情報伝送速度を必要とするため、既存のハードウェア施設に対して一定の挑戦を提出したが、5Gの高伝送レート、高広帯域、高信頼性の特性は、ネットワーク伝送速度による遅延現象を低減させ、監視情報の超高解像度表示を加速し、安全対策システムのより正確、より効率的、より迅速な判断を支援することができると考えられる。次に、5G無線伝送は、有線伝送ビデオと比較して、配備が容易で、便利で、コストが低いという利点があり、5G+HD監視カメラの普及が加速される。一方、AIスマートセキュリティは、セキュリティ産業のソフトハードウェア製品の技術難度と価値量に大幅な向上をもたらすことが期待され、セキュリティ産業をよりスマート化、主導化させ、業界の市場空間が再び大幅に向上することが予想される。

AIoT時代の到来に伴い、ビデオ監視装置は視覚感知システムとしての属性が強化されるとともに、知能監視装置のAIoT化は、セキュリティ業界の境界が従来の分野の版図から飛び出し、市場全体の容量増加が個々の企業に新たな機会をもたらすと考えられる。現在、多くのセキュリティ企業がAIoT分野への浸透を開始しており、さらにより広い応用分野にまで拡大している。従来の安全保障市場と比較して、AIoT市場は更に高度な運用シーン別化された複雑な市場であり、AIoT製品の細分化とロングテール属性は更に明らかであり、差異性の需要は更に強いと考えられる。まず、AIoT市場に関連するデータ資源はより複雑で変化が多く、細分化された業界も非常に多く、例えば園区、小売、金融、エネルギー、学校、家庭、コミュニティなどであり、同時に、新しいアプリケーション機能もますますこれらの細分化されたAIoT運用シーンまで延長され、セキュリティ企業はカメラ能力を合わせてAI汎用エンジン能力を構築し、需要に応じて各アプリケーション層に輸送することができる、アプリケーションソフトウェアで、AIoTシーンでのユーザの差別化ニーズを満たす。

2020年はAIビデオ応用の元年であり、評価向上をもたらす。計算力コストが急速に低下したため、各種のAIチップと低コストの代替案が相次いで発売され、国内外のチップメーカーは続々とコストパフォーマンスの高いエッジ端AIチップを発売しており、2020年にはチップコストが10-20ドルに低下し、AIカメラが大幅に普及することが期待されていると考えられる。

D.Realは日々進化しているエージコンピューティングハードウェアを取り込んで、新世代AIカメラのクラウド化、知能化、小型化と低コスト化に注力して、新製品の開発にチャレンジしております。

Leave a Comment

%d bloggers like this: